ConoHa WINGでWordPressをインストールする方法

ConoHa WINGには誰でも簡単にWordPressをインストールできる機能が用意されています。

  • 簡単と言ってもやり方が分からない
  • うまく出来るか心配

今回ははじめてWordPressをインストールする方向けに画像付きで紹介いたします。

WordPressインストール方法~ConoHa WING編

まずはConoHa WINGのコントロールパネルを開きましょう。
コントロールパネルを開いたら、WordPressをインストールしたいドメインを選択して[サイト管理]をクリックします。

「アプリケーションインストール」という項目が表示されますが、ここにコントロールパネルからインストールしたWordPressが一覧表示されます。

もちろん一度もインストールしていない場合はひとつも表示されません。

新規にインストールする場合は、その画面右側にある[アプリケーション]をクリックします。

このようなアプリケーションインストールウィザードが表示されるので、必要な項目をそれぞれ埋めていきます。
項目名 内容
アプリケーション WordPress・EC-CUBEから選択。WordPressインストールの際は「WordPress」を選択しましょう。
インストール方法 新たにWordPressをインストールする場合は[新規インストール]を選択します。
バージョン 表示されているバージョンから選択します。セキュリティの都合上バージョン5以上の方を選択するようにしましょう。
URL wwwを付けるかどうか選択します。私はURLが短いほうが好きなのでwww無しを選択しています。

下のURL入力項目はWordPressインストール先フォルダの指定です。サブディレクトリにインストールする必要がない場合は空白で大丈夫です。

サイト名 後で変更できるので自由に設定して問題ありませ
メールアドレス WordPressユーザーで使われるメールアドレス
ユーザー名 WordPress にログインするユーザー名
パスワード WordPress ログイン時に必要となるパスワード
データベース データベース名・ユーザー名・パスワードそれぞれ入力します

これらすべての設定が終わったら[保存]をクリックします。

WordPressインストールを行うと、このように通知されます。

インストールが無事完了すると「アプリケーションインストール一覧」に追加され、トップページと管理画面の URL に直接アクセスできるようになります。

トップページや管理画面にアクセスして問題なく表示されたらインストール成功しています。

あとはダッシュボードにログインして記事を書くなりテーマやプラグインを変更するなり自由にいじってみてください。

「このサイトにアクセスできません」と表示される

ドメインを取得したばかりの場合、ネームサーバーの反映が追いついておらず、WordPressをインストールしてもページが開けないことがあります。

この場合は最長で24時間程度待てばアクセスできるようになるので気長に待ちましょう。

WordPressのインストールはたったこれだけ!

このようなインストールウィザードが存在しない場合、

  1. WordPress 公式サイトからWordPress 本体をダウンロード
  2. FTPクライアントやファイルマネージャーを使ってアップロード
  3. PHPMyAdminなどを使ってデータベースの作成
  4. WordPress のインストール設定を行う

のような、知識がない初心者には明らかに難しい手順を踏まなければいけません。

ConoHa WINGならそのような手間がなく、非常に簡単にインストールを行えます。

慣れてきたら30秒もかからないでしょう。

動作も軽量で扱いやすいので、ぜひ使いこなしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました