javascriptの基礎を学べるおすすめの入門書ベスト5

JavaScript を使って Web上で動作するプログラムを開発できるようになりたい場合、基礎から順番に身につけていく必要があります。

そこでJavaScript の勉強をする手段としてあげられるのが以下の3パターンだと思います。

勉強手法
    1. Amazonなどで入門書籍を購入してコツコツ頑張る
    2. オンラインスクールに通って基礎を覚える
    3. インターネット上の情報を使って独学する

    どの方法で勉強するかどうかはあなた次第ですが、コツコツと頑張るタイプの方であれば、入門書籍を使って基礎を一つずつ自分のペースで進めるのがベストです。

    そこで、この記事ではそのような方のためにおすすめのjavascript入門書籍をまとめました。

    JavaScriptをイチから勉強できる参考書を探している方は是非チェックしてみてください。


    おすすめのJavaScript 入門書TOP5

    第1位:ゲームを作りながら学べるJavascript入門書

    オススメ

    対象読者 プログラミング未経験者
    ゲーム作りに興味がある方
    事前知識 不要
    Kindle対応

    JavaScript は、HTMLやCSSと一緒に使うことが非常に多いです。
    そのためHTML+CSS+JavaScriptをまとめて学ぶことができるこの書籍はとてもおすすめです。

    また、簡単なゲーム作りを通して JavaScriptの基礎から応用レベルまで身につけることができるので、Web 開発の第一歩を踏み出したいならば、まずはこの書籍で始めて見るといいでしょう。

    この本を使って学習することで、チュートリアルでも用いられることの多く、開発難易度の低いテトリス風のゲームを作成できるものとなっています。

    第2位:たった1日で基本が身につく JavaScript 超入門

    対象読者 本格的に JavaScript を学びたい方
    事前知識 必要(HTMLの基礎・CSSの基礎
    Kindle対応

    書籍のタイトル通り、最低限押さえておきたい基本的なことが分かりやすくまとめられています。

    ほとんどの入門書の場合は、最低所の基本だけを教えて終わりなのですが、この書籍はそうではなく、基本を押さえた上でもうワンステップ知識と技術力を高められるように、実践的な Web プログラミングも解説されています。

    お仕事で忙しい方も勤務時間中に読むことができる内容となっていますので、仕事の都合でJavaScript を覚える必要が出てきてしまった方にもおすすめです。

    ただ、「一日で身につく!」というのは言い過ぎかもしれませんが、その気になれば1日で読み切ることができるボリュームということでもあるので、サクッと読むぶんにはちょうどいいですね!

    第3位:自宅でコツコツ頑張るなら子どもと学ぶJavaScript入門書

    対象読者 プログラミング未経験者
    コツコツと勉強したい方
    事前知識 不要
    Kindle対応

    自宅でコツコツ頑張るのであれば、子供でもわかるように解説されているこちらの入門書がおすすめです。

    勤務中に読むものとしてはちょっと恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、自宅で読むなら関係ないですよね?

    この本は直感的にわかりやすい構成になっているため、体で覚えることが得意な方は、こちらの書籍が一番向いているかもしれません。

    第4位:きちんとわかる JavaScript とことん入門

    対象読者 プログラミング未経験者
    事前知識 不要
    Kindle対応

    • Chapter 1:JavaScriptプログラミングをはじめよう
    • Chapter 2:JavaScriptの基本を理解しよう
    • Chapter 3:組み込みオブジェクトを活用しよう
    • Chapter 4:関数の基本を理解しよう
    • Chapter 5:配列とObjectオブジェクトを操作しよう
    • Chapter 6:Webブラウザのエレメントやイベントを操作しよう
    • Chapter 7:コンストラクタでオリジナルのオブジェクト
    • を作成しよう
    • Chapter 8:関数をもっと便利に使おう
    • Chapter 9 :AjaxによるWebサーバとの通信を理解しよう

    こちらは先ほどの子供向けの JavaScript 入門書を、大人が読んでてもあまり恥ずかしいと思わない作りなったJavaScript 入門書です。

    入門書のボリュームだけいうと、他の入門書を抜いて1位に匹敵するものなのですが、大型本である都合でデスクに広げにくいという点から、第四位としています。

    入門書を使って勉強する時は、キーボードの手前か横に入門書を広げて読むことが多いので、大きい本だとそれがちょっとやりづらいですよね。

    ですがそのぶん、内容の濃さは他の書籍の比ではないので、がっつり JavaScript を身につけたいという方はこちらの書籍を使うといいでしょう。

    第5位:これから学ぶ JavaScript

    対象読者 プログラミング未経験者
    事前知識 不要
    Kindle対応

    「プログラミングとは何か?」そのレベルから丁寧に解説してくれる JavaScript 入門書です。

    に返らずプログラミングをする上で必要不可欠な知識である「変数・データ型・演算子・条件分岐」など、順番に丁寧に解説されているので、基礎を固めてからステップアップをしたい、jQueryを使いたいと考えている方は、手元に置いておくと安心です。

    • 第1章:Webの仕組みとJavaScriptの役割
    • 第2章:初めてのJavaScriptプログラム
    • 第3章:変数とデータ型
    • 第4章:演算子
    • 第5章:条件分岐
    • 第6章:ループ
    • 第7章:配列とループ
    • 第8章:関数
    • 第9章:オブジェクト指向JavaScript
    • 第10章:ビルトインオブジェクト
    • 第11章:HTMLの操作
    • 第12章:イベント処理
    • 第13章:アプリを作ろう

    他のプログラミング言語の経験があるなら逆引きレシピもおすすめです

    ピックアップ

    他のプログラミング言語の経験があるのであれば、初めから逆引きリファレンスを購入する方が効率的かもしれません。

    ほかのプログラミングの基礎さえできていれば、ネット上で拾える情報で実践レベルまで学習することができるので、未経験者向けの入門書を購入する必要はないでしょう。

    ただし、これまでゲームプログラミングをしたことがない方の中でJavaScript を使ってゲームを作ってみたい、もしくはゲーム開発に興味があるという方は、一番最初に紹介した書籍を使うといいでしょう。

    こちらの書籍であればJavaScript の基礎だけではなく、ゲーム作りの基礎も学習することができるので、非常に効率がいいですよ。

    Java と JavaScript は別物なので書籍選びに注意

    よく、プログラミング初心者やプログラミングの言葉だけ知っている人が、

    「Javascript?あぁJavaね」
    「Java?Javascriptのことね」

    ということになってしまうことがよくあります。
    名前が似ててややこしいのですが全く別物なので注意しましょう。

    Web 開発をする場合は JavaScript を使うことが多い(Javaは滅多にない)ので、下手にJavaに手を出さずに、Javascriptを頑張ってみてくださいね。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました