アンインストールできないソフトも強制削除できる「Geek Uninstaller」

ソフトウェアをアンインストールしたはずなのに完全に削除されていない、ファイルが残っていて困っている、というときに役立つのがアンインストール支援ソフト「Geek Uninstaller」です。

Geek Uninstallerは正常にインストールできないソフトウェアやそもそもアンインストール機能が使えないインストール型ソフトウェアを強制削除できるツールで、無料で使用できます。

今回は、Geek Uninstallerについて使い方などを解説していきます。


Geek Uninstallerとは?

Geek Uninstallerとは、Windowsで使えるアンインストール支援ソフトで、インストールせずに使うことができます。

USBメモリやSDカードから起動可能

インストールする必要がないため、USBメモリーやSDカードにGeek Uninstallerを入れて持ち運ぶことができます。

通常のアンインストールでは残るレジストリやファイルも強制削除可能

再インストールした際の設定を省くために、ソフトウェアによっては通常のアンインストールでは削除されないファイルやレジストリがあります。

ですが、Geek Uninstallerはそれらのファイル・レジストリも強制削除できるため、パソコン内からアンインストールしたソフトウェアに関する情報を全て削除することができます。

無料で使える

Geek Uninstallerは無料で利用できます。

スタートアッププログラム管理機能などの追加機能は有料版(24.95ドル)じゃないと使えないですが、アンインストール機能は無料版で全て使用可能です。

Geek Uninstallerのダウンロード・インストール

Geek Uninstallerは、ポータブルソフトであるためインストールが必要ありません。

そのため、Geek Uninstaller本体を公式サイトからダウンロードしたらそのまま使用できます。

有料版がありますが、アンインストール機能を使うだけなら無料版で十分です

ZIP版のダウンロード推奨

    Geek UninstallerはZIP圧縮版と7Z圧縮版の2ファイル用意されていますが、7Z圧縮について知らないのであれば、ZIP圧縮版をおすすめします。

    7Z形式は対応したアーカイブソフトを入れておかないと解凍できないので注意しましょう。

    解凍したらでてくる「geek.exe」がGeek Uninstaller本体です。インストールせず起動したらそのまま使えます。

    Geek Uninstallerの使い方

    通常アンインストール

    強制アンインストールではなく、ソフトウェア側が用意したアンインストーラを使って削除する場合は、アンインストールしたいソフトウェアをダブルクリックします。

    すると、ソフトウェア毎に用意されているアンインストーラー・セットアップウィザードが起動するので、案内に従ってアンインストールしましょう。

    こちらはGeek Uninstaller経由でVMwareを通常アンインストールしようとしたときの画面です

    強制アンインストール

    通常のインストールで削除できない場合は、強制アンインストール機能を使用します。

    アンインストール手順
    • STEP1
      強制削除したいソフトウェアを右クリック
    • STEP2
      [強制削除]をクリック
      確認画面が表示されるので[はい]を選択

      「トレース(これから削除するレジストリ・ファイル)」が表示されたら[完了]をクリック

    これで強制削除完了です。通常アンインストールできないソフトウェアはこの方法を取りましょう。

    エントリの削除とは?

    エントリの削除とは、インストールしたファイルは削除しせず、インストール情報のみを削除する機能です。

    エントリの削除を行うと、インストールしたソフトウェア一覧に表示されなくなり、使い勝手が悪くなるため、あまりすべきではありません。

    Geek Uninstallerの削除方法

    Geek Uninstallerそのものが必要なくなった時は、Geek Uninstaller本体である「geek.exe」を削除してゴミ箱に入れるだけでアンインストールできます。

    IObit Uninstallerなど、アンインストール支援ソフトのアンインストールが出来ないということが少なくないのですが、Geek Uninstallerはそもそもインストールしないため、削除はカンタンです。

    タイトルとURLをコピーしました