【対処法】Hyper-Vを無効化してもBluestacksが起動しない

Windowsで動かすことができるAndroidエミュレーター「Bluestacks」

無料でAndroidアプリをパソコンで動かせる手段として非常に便利ですが、仕様上Hyper-Vと共存できないという弱点を持っています。

そのため、Hyper-V・Windowsハイパーバイザープラットフォームを有効化してWindowsを使っている方は一度Hyper-Vをオフにする必要があります。

ですが、Hyper-VをオフにしてもなぜかBluestacksを起動できないことがあります。

というか私の環境でそうなりました。

Hyper-VをオフにしてもBluestacksが起動しない時の対処方法について解説します。


Hyper-V問題はBluestacks公式が解決法を提供している

Hyper-Vを無効化してもBluestacksが起動できないままになる問題は公式が認知しているようで、サポートページもしっかり用意されていました。

解決手順
  • STEP1
    BlueStacks公式サポートページにアクセスする
  • STEP2
    レジストリファイルをダウンロードする
     下の方にスクロールすると「このレジストリファイルをダウンロード…」というテキストが見つかるので、そのリンクをクリックしてレジストリファイルをダウンロードします。

  • STEP3
    レジストリファイルを実行する

    このような警告が出ますが問題ありません。中身はただのテキストファイルですので、読もうと思えば読める内容になっています。

    不安な方はセキュリティソフトでスキャンしてみると良いでしょう。

  • STEP4
    レジストリ変更を実行する
    わからない人からすると結構強いメッセージが表示されますが、 大丈夫です。

  • STEP5
    Windows10再起動

これで、Bluestacksが起動するようになります。

レジストリを適用するのが怖い…

そういう方はWindows10のクリーンインストールするところから始めましょう。

クリーンインストールすればWindows10の各種設定が全てリセットされるほか、Hyper-Vが無効状態になるためBluestacksも起動できるようになるかもしれません。

もしくはパソコンサポートに頼るという方法もあります。

G・O・Gなどの個人でも受けられるサポートサービスを利用すれば解決してくれるでしょう。

実際問題、外部サイトから入手したレジストリファイルを適用するのはセキュリティリスクがつきまといます。

レジストリの内容がなんとなくても読めるレベルの方であれば自力で解決できるかもしれませんが、そうじゃない人だと結構怖いです。
私はなんとなくレジストリファイルが読める程度ですが、それでも結構ヒヤヒヤしました。

ですので、少しでもリスクを下げたいのであればパソコンサポート使ってみてくださいね。

パソコン設定に躓いていませんか?

わからないことばかり...
設定に失敗してパソコンを壊したらどうしよう...

取り返しのつかないことになる前に、月額300円で頼り放題なG・O・Gをチェックしてみましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました