複雑なパスワードではなく4桁のPINが安全と言われる理由は?

Windows10ではMicrosoftアカウントのパスワードの他に4ケタのPINコードでログインすることができます。

ですが、4ケタのパスワードと言うととても脆弱で全く安全には思えないですよね。

それなのに安全と言われる理由は一体何なのでしょうか?

今回はPINが安全と言われる秘密について見ていきましょう。

PINが安全と言われる理由

盗まれても大丈夫

PINが安全と言われる一番の理由は、盗まれても大丈夫というポイントです。

Windows10のサインインに使うPINコードは、設定したパソコンでのみ利用できるパスワードであり、ほかのパソコンやMicrosoftアカウントのログインでは使用できません。

そのため、仮にキーロガーなどでキー入力情報が盗聴されてメールアドレスとPINコードが流出しても、不正アクセスされることはないのです。

もしこれがメールアドレスとパスワードだった場合、流出したら最後、不正アクセスされてしまうため、とても危険でしょう。

だからこそMicrosoftもPINコードの設定を推奨しているのです。

PINコードは使いやすい

PINコードは脆弱でも問題ないという理由から4桁の数字を設定してもあまり問題ありません。

むしろPINだからこそ短いフレーズを用いるべきでしょう。

PINを使えばパスワードが盗まれる可能性をなくせるだけでなく、サインインする手間が大幅に省けるので作業効率化にもつながることは間違いありません。

PINコードを使うべきではない場面

PINコードはキーロガーによる盗聴被害を受けないため、短いパスワードのでもかなり強力です。

ですが、PINコードはあまり使用すべきではない場面があることも知っておかなければなりません。

コワーキングスペースやカフェで使用する事が多い場合は注意

PINコードの弱点は除き見によるパスワードバレです。

一般的にこれをソーシャルエンジニアリングと言いますが、PINを設定する場合は大抵4ケタ~6ケタ程度のシンプルなコードにしておくことが多いので、ちょっと覗き見れば簡単に覚えられてしまいます。

悪意のある人が覗き見てPINコードを盗視し、トイレなどで席を外した際に不正アクセスする、もしくは不正ログインできる前提でパソコンを盗むという被害に会うかもしれません。

ですので、PINコードを設定する場合は自宅用PCなどPINコードを入力する画面が見られることがない環境で使う場合に利用すると良いでしょう。

覗き見られる可能性がある場所では、顔認証や指紋認証を使って対処するといいでしょう。

顔認証ならどこにでも売ってるような安いWebカメラで十分です。

もっとセキュリティを高めたいのであれば、USB接続で使える指紋認証を使うと良いでしょう。

この2つならキーボードを操作せずにサインインできるので、安全性がかなり高まるでしょう。

PINの設定方法は?

PINの設定はカンタンです。

設定手順
  • STEP1
    Windows10の設定を開く
  • STEP2
    [アカウント]をクリック
  • STEP3
    [サインインオプション]をクリック
  • STEP4
    [Windows Hello 暗証番号(PIN)]を選択して[追加]をクリック

4ステップで設定できるので、セキュリティを心がけている方は設定するといいですね。

私はもちろん仕事で使うデスクトップPCは設定済みです。

パソコンの盗難対策は万全ですか?

難しいパソコンの盗難対策。
コンパクトなノートパソコンやタブレットPCはカンタンに盗まれてしまいます。

しかし、切断が難しい強固なカーボンスチールセキュリティワイヤーを使えば安心です。
超薄型PCでも活躍してくれるでしょう。

yt5g6

コメント

タイトルとURLをコピーしました