Twitterインプレッションとは?増やすにはどうしたらいい?

自分のツイートがどれくらいで人に見られているか気にしたことはありますか?

ツイートしてるのはいいものの、実際のところ本当に他の人に見られているかどうか気になりますよね。その時に参考になるのがインプレッションです。

今回は、インプレッションとはどういうものなのか、どういった条件でカウントされていくのか解説します。


Twitter インプレッションとは

Twitter インプレッションとは、一体誰のことを指してるのか知っていますか?

Twitterインプレッションとは、ツイートを見られた回数のことを表しており、インプレッションが100だと100回見られた計算になります。

エンゲージメントとの違い

ツイートアナリティクスを見ると、インプレッションのほかにエンゲージメント総数という項目がありますが、ツイートが表示されるだけで回数がカウントされるインプレッションに対して、エンゲージメントはリツイートなどのアクションを起こした時にカウントされます。

カウント条件 インプレッション エンゲージメント
ツイートが画面内に表示される ×
ツイート経由でプロフィールを開く ×
リツイート ×
いいね ×
リプライ(返信) ×
ツイート詳細を開く ×
メディアを再生 ×

簡単に言えば、何かしらのアクションを起こした時にカウントされるのがエンゲージメントで、見られたときにカウントされるのがインプレッションです。

ツイートインプレッションの確認方法

ツイートインプレッションの確認方法は別記事で紹介しています。

やりかたがわからないひとはそちらを参考にしてくださいね。

Twitterインプレッションの仕組み

ツイートが画面に表示されただけで増える

Twitter インプレッション、ツイートが画面に表示されただけで加算されるため、タイムラインをスクロールした時に表示されたツイートすべてのインプレッションが加算される仕組みです。

また、同じ人が何回も同じツイートを見た場合も重ねて加算されるため、フォロワー1の鍵アカウントでもインプレッションが10以上つくことも珍しくありません。

ちなみに、自分がツイート見たときもツイートインプレッションが加算されます。

ですので、フォロワー0の鍵アカウントでもインプレッション回数がカウント差折れていることもよくありますよ

誰がインプレッション増やしたか調べることはできる?

インプレッション増やす、すなわち誰がツイートを見たかどうかは調べることはできません。

あくまで見られた回数だけで既読機能というわけではないので、インプレッションで誰かを特定することはできません。

ツイートインプレッションを増やすには

フォロワーを増やす

一番手っ取り早いのはフォロワーを増やすことです。自分をフォローしてもらえ売ろ、フォロワーのタイムラインに自分のツイートが流れるようになるので自然とインプレッションも増えやすくなります。

たくさんツイートする

インプレッションを増やしたいならたくさんツイートすることもおすすめです。いわゆる手数勝負です。

ただし、Twitter には価値の低いツイートを表示しないフィルターが搭載されているので、「あ」など全く意味のないツイートを連投するのはやめましょう。

あまりに酷いと価値の低いアカウントとしてフォロワーのタイムラインに表示されなくなったり、検索で見つからなくなります。

シャドウバンのリスク

    ツイッターにはアカウントは凍結されず普通に使うことができるものの、

    • 他の人のタイムラインに表示されない
    • リプライを送っても非表示にされる
    • 検索で見つからない

    という症状が発生するシャドウバンが存在します。価値の低いツイートなどを繰り返していると、シャドウバンを受けてしまう可能性があります。

    普通の凍結(BAN)と違ってシャドウバンは一切通知されず、わかりにくいのですが、調べる方法は用意されているので、気になる方は参考にしてみてください。

    ツイートする時間帯を選ぶ

    インプレッションを効率よく増やしたいのであれば、ツイートする時間帯も大切です。

    フォロワーに夜型の人が多いなら深夜に追加するとみられることが多くなりますし、学生が多いなら昼休憩の時間帯やバイトが終わる22時前後もインプレッションを増やしやすいでしょう。

    午前2時~6時は避けよう

    この時間帯は寝てる人が多いのでびっくりするぐらいインプレッションが増えません。

    この時間帯に Twitter をよく触るという人もいるかもしれませんが、全体で見ると少数派ですのでインプレッション増やしたいならこの時間帯以外にツイートしましょう。

    ツイートインプレッションを平均1000あたりに増やすには?

    キリの良い一つの指標としてツイートインプレッション1000を目標にすることもあるでしょう。

    バズったりリツイートで拡散されることもない何気ないツイートもインプレッションを1000以上にしたい場合は、アクティブなフォロワー2000人を目指すといいでしょう。

    特に重要なのはアクティブなフォロワーです。フォロワーをお金で買って2000人以上にしたとしてもインプレッションはほとんど増えないので注意しましょう。

     

    トレンドを利用するのもおすすめ

    Twitter にはおすすめトレンド機能があり、おすすめトレンドに上がっているキーワードは、たくさんツイートされていて注目されているキーワードになります。

    これらのキーワードを含めた上で関連したツイートをすると、フォロワー外の人の目に入るので、インプレッションもある程度増やすことができるでしょう。

    ハッシュタグを上手に活用するのも有効

    Twitterはハッシュタグがあり、ハッシュタグを使えばインプレッション数も大きく増やすことができます。

    というのも、ハッシュタグを使うと他のユーザーに検索されやすくなり、フォロワー以外の色んな方の目にツイートが目に留まることになります。

    インプレッションはツイートが画面に映るだけで増えるため、上手にハッシュタグを使えばインプレッション数も増やすことができるでしょう。

     

    ハッシュタグの付け方がわからない方は、以下のツイートなどを参考にするのがおすすめです。

    暑い日に熱いたこやきという斜め上を行く発想

    たこ焼き

    3
    1
    2020-04-18 03:37:27
    • 飯テロ
    • 飯テロ加害者の会
    • 食テロ
    • たこ焼き
    • 大阪
    • ミナミ
    • 関西

    ハッシュタグの付け過ぎには注意

    どのツイートにも大量のハッシュタグを付けているとスパム扱いされて、アカウントが凍結される可能性があります。

    ですのでハッシュタグの付け方をよく分かっていない方は、ツイートと関連性のあるハッシュタグを1~3個程度に抑えてツイートするようにしましょう。

    また、関連するハッシュタグがない場合はそのままツイートして、バランスを整えるのもおすすめです。

     

    インプレッション10000はちょっとバズると簡単に行く

    ちょっとしたツイートが数十リツイートされたり、たまたまフォロワーが数万人いる方にリツイートされると、案外簡単にインプレッションが1万を超えることがあります。

    フォロワー10万人超えの方にリツイートされると、その方がフォロワーを購入して水増ししていることでもない限り、1万インプレッションはあっ問までしょう。

    インプレッションよりもエンゲージメントの方が多くておかしい理由

    ツイッターインプレッションをチェックしていると、たまにインプレッションは1や2しかないのに、エンゲージメントがそれ以上に多いときがあります。

    エンゲージメントは何かしらアクションを起こさないと増えることがありませんが、インプレッションはツイートが画面内に表示されただけで増えるので、本来であればエンゲージメントの方が多いことはおかしいのです。

    これは、たまたまインプレッションの数値よりもエンゲージメント総数の数値が先に更新された際に起きる現象で、ツイートして数秒~1分程度のツイートのツイートアナリティクスをチェックすると、この現象を目にすることがあります。

    ツイートインプレッションはリアルタイムで毎秒更新されているのではなく、一定のタイミングでまとめて更新されるため、ツイートインプレッションとエンゲージメント総数の更新タイミングによっては、数値関係がおかしくなることがあるのです。

    そういう場合は数分置いてから再確認すると、元に戻っていることが多いです。

    タイトルとURLをコピーしました