自分がツイッターでシャドウバンを受けたかどうか調べる方法

ツイッターが凍結されることを英語で言うと「BAN」といいますが、Twitter には凍結されていないにもかかわらず凍結状態に似た状態になるシャドウバンという現象があります。

シャドバになってもツイートしたりリプライを送ることができるため、機能制限を設けられることはないのですが、少々面倒なことになります。

今回はシャドウバンを受けるとどうなるのか、自分がシャドウバンを受けたかどうか調べる方法を紹介していきます。


シャドウバンは4種類ある

一概にシャドウバンといっても、細かく分けると4種類のシャドウバンが存在します。

それぞれペナルティが異なりますので、個別に見ていきましょう。

Search Suggestion Ban

シャドウバンの中で一番軽いペナルティーです。

ツイートする内容が全て不適切・センシティブコンテンツ扱いとなり、不適切・センシティブコンテンツを表示する設定にしていないユーザーからは表示されなくなります。

逆に設定しているユーザーにはちゃんと表示され、検索でも見つけることができます。

Search ban

Search banを受けると、検索に表示されなくなります。キーワード検索はもちろんのこと、ハッシュタグ検索でも見つけられることはありません。

ですが、BANではなくシャドウバンでアカウントは普通に残っているため、ID検索なら見つけることが可能です。

Ghost ban

おそらくシャドウバンの中で最も重いシャドウバンです。Ghost banを受けると相手のリプライに一切表示されなくなり、Twitter を使ってコミュニケーションを取る手段を失います。

相手にはリプライが来たことが分かるものの、一切通知されずツイートからリプライをたどることは一切できないため、シャドウバンが解除されまで待つしかありません。

Reply deboosting

これは、自分のリプライが相手に表示されなくなるシャドウバンです。自分のリプライが全くといっていいほど見られなくなるため、シャドウバンの中では重めのペナルティに当たるでしょう。

自分がシャドウバンかどうか調べる方法

自分がシャドウバンを受けているかどうか調べる場合、「shadowban.eu」で簡単に調べられます。

使い方

使い方は簡単で、画面中央の「username」に自分のアカウントIDを入力して[CHECK]を押すだけです。

ツイッター表示名ではなくツイッターIDであることに注意してください。

ツイッターIDはプロフィールのここに記載されているIDです。

しばらく待つとチェック結果が表示されます。

シャドウバンを受けていない場合は「No Search Ban」のように緑色のテキストが表示されます。

警告アイコン付きの赤い文字で書かれていた場合はシャドウバンを受けている状態であり、各シャドウバンのペナルティーが適用されます。

シャドウバンを解除する方法

BANの場合は異議申し立てなどで解除要求をすることができますが、シャドウバンの場合は残念ながら自発的に動いて解除することはできません。

シャドウバンを受けるようなツイートや使い方をしないように気をつけながら解除を待つしかありません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました