ウェブルートのセキュリティアプリはいらない?Androidなら必要かも

スマホを契約する時にセキュリティオプションに加入すると、初めからインストールされていることの多いウェブルートセキュリティアプリ。

最初の頃はセキュリティアプリが入っているから安心と思っているかもしれませんが、そのまま使い続けていると「セキュリティアプリはいらないのでは?」と感じる方がいるはずです。

スマホの扱いに慣れてくると闇雲にアプリをインストールしなくなったりするので、セキュリティアプリの必要性が薄くなってくると感じるはずです。

そこで今回は、ウェブルートは本当に使い続けるべきなのか紹介します。


iPhoneなら不要

真面目な話、iPhone・iPadといったiOS端末ではWebrootを使い続けるメリットはほとんどありません。

iOS端末でウェブルートのセキュリティアプリを活かせている方は1%もいないはずです。

というのも、iPhoneはサンドボックスなど非常に強力なセキュリティ性能をはじめから持っており、セキュリティアプリをインストールする必要性はほとんどありません。

特に、以下のことを全くしないという方はインストールするメリットはまったくないレベルです。

Sample
  • App Store・iTunesストア以外からアプリをインストール
  • 無料VPNを使う

上記のことをするならウェブルートは役に立ちますが、しない場合はほとんど役に立ちません。

iOS標準のセキュリティ性能で十分です。

Androidは入れておいて損はない

iOSに比べてAndroidはアプリ開発の自由度が良くも悪くも高いことから、iPhoneと比べるとセキュリティ性能が低いです。

そのため、Androidの場合はウェブルートを入れてセキュリティ対策をしておくことには大きな意味があります。

セキュリティ対策をしておかないと、間違えて偽アプリをインストールしてしまったときにAndroidを乗っ取られたり、個人情報が盗まれる可能性があります。

強力なウイルスに感染すると、遠隔操作であらゆる情報(クレジットカード情報やアカウント情報、メッセージのやり取りなど)を盗まれる可能性があります

iPhoneユーザーは解約して大丈夫かも

おそらく、ドコモの機種変更時などのタイミングでセキュリティオプションに加入して、ウェブルートなどのセキュリティアプリをインストールしているケースが多いかと思います。

Androidユーザーであればそのままでもいいかもしれませんが、iPhoneユーザーはオプション料金に対してメリットが少ないので、解約してもいいかもしれません。

流石にセキュリティアプリを一つもインストールしていないのは不安という場合は、こちらで代わりにおすすめできるセキュリティアプリを紹介しているので参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました